イタリア料理およびワインに関するマスターコース

9週間にわたる講義・実習とイタリア各地の最高レストランにおける実地研修。

180日にわたるマスターコースには2つのステップが用意されています。ICIFの本部における講義・実習や会社見学などを終えると、ICIFがセレクトしたレストランでの実地研修習となります。(オプションとしての講座受講料は実習の費用には含まれません) マスターコースはイタリア各地の伝統料理、そして現代的なクリエイティブ料理の専門的知識を教えると同時に、本物の食材の理解を促すことを目的としています。基本を重視し、ワインやリキュール、オイルをはじめ、スパイス、ハーブ、原材料、特産物などについても深く学ぶことができます。 学校ではグループごとに生徒自身ががレシピの材料を準備し、ローテーションを組んで、厨房担当やレストランサービスに関する実習をします。 講座開講人数:12-24名

期間

講座の期間は6ヶ月です。

  • 本部における 講義・実習授業9週間
  • ICIFによりセレクトされたレストランにおける 実習15週間(オプション)

講座受講資格者

  • ホテル専門学校などの高等教育卒業者
  • イタリア及び外国の料理とワインに関する専門家
  • 観光ホテル業界で最低3年以上の経験がある者

授業内容

料理
  • 一般常識および専門用語の勉強。イタリアの伝統、郷土料理、そして現代料理
  • イタリア郷土料理: 調味料、ハーブ、スパイス、ソース、温菜冷菜のアンティパスト(前菜)、豚肉加工食品(サラミ、ソーセージ)、生パスタ、乾燥パスタ、詰め物パスタ、米、ニョッキ、ポレンタ、肉類、ジビエ肉、魚介類、野菜、キノコ、チーズ
  • 代表的な郷土料理
  • 新しい調理法(真空、低温調理、燻製)
  • 食べ物アレルギーの方向けメニュー
お菓子
  • 小菓子、発酵菓子、基本的クリーム、メレンゲ、チョコレートの作り方
  • お菓子の基本、伝統的なお菓子
  • レストラン向けのグラスデザート
パン製造
  • パンの発酵と作り方
  • グリッシーニ、フォカッチャ、ピッツァ
ジェラート
  • アイスクリームとシャーベットの基礎
  • アイスクリームケーキ、セミフレッド
  • 現代料理におけるシャーベット
ワイン貯蔵室
  • イタリアの生産地とブドウ栽培
  • イタリアの主なブドウ品種と様々なワイン醸造システム
  • 呼称:I.G.T.、D.O.C.、D.O.C.G. (dal 2009, reg. 479/2008, definite D.O.P. e I.G.P)
  •  試飲:専門用語、方法、五感分析
  •  食とワインのマリアージュ:用語や方法、実習
  • ワイン貯蔵方法及びサービス方法
レストラン
  • イタリアにおけるレストラン業界のコンセプト。トラットリア、ピッツェリア、伝統的、典型的なレストランについて
  • サービス方法
  • 試食:方法論、専門用語、五感分析
  • 伝統的味覚、そして典型的味覚に関する研究
  • 芸術的なおもてなしとサービス
  • イタリアンレストランの経営方法
商品学
  • 特産物:特性、栄養価、食生活への活用
  • 特産物とハーブの五感分析
  • 製造方法
  • 生産地、栽培地、手作り工房や大型工場の見学
フード&ビバレッジ・マネージメント
  • レストラン業界のマネージメント
  • 販売戦略とレストランのプロモーション
  • 「フード·コスト」とその計算のためのITシステムの紹介
  • メニューの準備とその販売について
  • ケータリングのための供給プログラムとプラニング
HALAL(ハラル)証明書・イスラム教徒のための料理
  • HIA(HALAL INTERNATIONAL AUTHORITY)会員によるイスラム教義に関する授業
  • ハラルに応じ調理するイタリア料理のレシピ
食品の安全とHACCP
  • 食品に関する微生物学
  • 主なMTA(食品を通じて感染する病気)
  • 衛生(自己衛生および作業環境下の衛生)
  •  HACCPのメソッド
  • 食材に触れる物品や材料の選択について
イタリア語
  • 言語の基本概念と文法
  • グループでの会話練習

レシピは季節や材料確保状況により変更される場合があります。
講座中に取り上げられるレシピの数量は、そのレシピの難度や、実習中の参加学生の能力および作業速度により多少の差が生じる可能性があります。

実地研修(オプション)

実地研修-実習、宿泊以外にかかる費用は含まれておりません。 本校でのマスターコースが終了した時点で、「Associazione Giovani Ristoratori d’Europa」 (www.jre.it)に加盟するレストランにて実地研修に参加することができます。上記のレストランはICIFスタッフがセレクトし、合意書を取り交わしている信用のおける店舗です。ICIFの授業で学んだテオリーを、実地研修にて実際に体験し、実践することができます。学生は各店舗につき1名ずつ派遣されます。実習中の宿泊および食事は受け入れ側レストランが負担します。

費用

マスターコース受講料10000ユーロ。

受講料に含まれるもの

  • ICIF宿泊施設の利用費(4人宿泊可能な2部屋トイレ付小アパート)および朝食サービス9週間分。
  • ICIF校内での月曜日から土曜日までの昼食と夕食(日曜日と祝日は休校)。
  • 講義・実習費
  • 教材(配布資料やDVDなど)
  • 授業や試食に使用される食品費用
  • 授業中の機器やツール使用料
  • コック・スーツ:ICIFのシンボル付きコック・スーツ上下、ICIFのシンボル付きエプロンとバンダナ。
  • 研修受講のための滞在許可証と税務コード番号申請手続きサービス
  • トリノ・カゼッレ空港またはミラノ·マルペンサ空港到着時の送迎サービス(グループの場合。個人参加の場合は個人負担)
  • コース修了証書。

上記に明記されていないものは受講料に含まれていません。

情報

詳細をご希望の方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください。

資料請求

個人データ

(*) 必須項目

(*) 氏名 :

(*) 名字 :

(*) 住所 :

(*) 市町村 :

都道府県 :

郵便番号 :

(*) 国 :

(*) メールアドレス :

電話番号 :

国籍 :

性別 :

 

ご希望の講座 :

他の注意事項 :

他の情報

どこでICIFのことを知りましたか?:
インターネットメディア口コミ展示会その他

 

政令第196/2003号に従い、個人情報の利用を認可します。